【SEO】ワードプレスブログが改行できない問題のオススメ解決方法

【SEO】ワードプレスブログが改行できない問題のオススメ解決方法

この記事のまとめ

改行したはずの部分を投稿後に見てみたら正しく改行されていなかった…

よくあるワードプレスブログ改行できない問題ですね

様々な解決方法が紹介されていますが、私のオススメはmargin機能を使った解決方法です

ブログのSEO最適化に配慮した簡単な方法を紹介します

ナラ

ブログにおいて改行は非常に重要な役割を担っています。

例えば
こんな風に
行をつめた改行をしたり

逆に、

こんな風に

行間を開けたりすることで見た目の印象が変わります。

ココ

改行の回数や行間の幅によって読みやすさや読者に与える印象を変えられるんだね

でもワードプレスブログだと改行ができない問題がよく発生するのよね

ナラ

行間の幅を広げるためにたくさん改行したのに「保存」したら元に戻っちゃった…

なんて経験ありませんか?

そんなワードプレスブログの改行できない問題を簡単に解決できる方法を紹介します。

この記事では更に、ブログにおける改行の重要性や「改行」と「段落」の違いなども解説します。

これらを正しく理解することで、SEOに最適な方法でブログを改行しましょう。

※タップして気になる箇所にジャンプする

ブログにおける改行の重要性

ブログにおける改行の重要性

ブログにおける改行の重要性はこの数年で飛躍的に増しました。

それはブログがパソコンではなくスマホで読まれるメディアになったからです。

ココ

文字数が多い文章はスマホの小さな画面ではとても読みづらいよね

改行されない長くて読みづらい文章は読者の離脱を誘発する大きな原因になるわよ

ナラ

改行のない窮屈なブログは読者に圧迫感を与え、疲れさせてしまいます。

読者の読みやすさを第一に考え、以下のルールに沿って改行することをオススメします。

ブログの改行ルール

  • 一文につき改行を必ず一回する
  • 一文の文字数は50文字以内にとどめる

この2つのルールを守るだけで、スマホでブログを読んだときの息苦しさはだいぶ解消されます。

ブログにおける改行と段落の違い

ブログにおける改行と段落の違い

ブログのHTML要素を正しく紐解くと、厳密に言えば改行と段落は異なります

このように
一つの段落の中で
行間をつめて文章の行を変えることを改行といいます。

ココ

ブログの改行はShiftキーとEnterキーを同時に押すことで可能だよ

一方で通常のEnterキーを押した場合は改行ではなく段落の変更になるのよ

ナラ

HTMLでは改行と段落の変更でコードがそれぞれ異なります。

改行・段落それぞれのHTML
改行or段落 HTMLコード 効果
改行 テキストの後に</br> 同じ段落内のテキストを改行できる
段落 テキストを<p></p>で囲う 一つ一つ独立した段落を作ることができる

 

段落<p>タグは開始タグと終了タグ</p>で囲む必要があるのに対し、改行</br>タグは囲む必要がないのも特徴です。

▼次の関連記事にブロガーが最低限知っておくべきHTML・CSSの知識についてまとめています

【HTML・CSS】ブログ初心者が最低限知っておくべき5つの基本とは?【HTML・CSS】ブログ初心者が最低限知っておくべき5つの基本とは?

ワードプレスの改行できない問題が発生する原因

ワードプレスの改行できない問題が発生する原因

改行はブログの読みやすさだけでなく、文章のテンポを生む効果もあります。

例えば改行を複数はさむことで読者に<期待><じらし><溜め>のようなを作ることができます。

ところが、ワードプレスブログでは改行が消えてしまう問題が発生します。

ココ

下書きで改行を複数入れたはずなのに保存したら元に戻っちゃったよ?

それはワードプレスが持っている自動整形機能によるものよ

ナラ

【ブログにおける改行と段落の違い】でも説明したように、Enterボタンは段落の変更を意味します。

段落はテキストを<p></p>で囲まないと成立しません。

つまりEnterを連打しただけではテキストを持たない無意味な段落として認識され、自動的に消去されてしまうのです。

ワードプレスの改行できない問題の間違った解決方法

ワードプレスの改行できない問題の間違った解決方法

ネット上には、このワードプレスの改行できない問題を解決する様々な方法が紹介されています。

ただ、私は以下の2つの方法はオススメしません!

  1. プラグインを導入して改行を自動的に消す機能を無効化する
  2. 段落<p>タグで空白(スペース)を囲んで改行が消えないようにする

ココ

プラグインの導入はそれ自体がブログの動作を重くしちゃうからね

別のプラグインとの組合せが悪いと誤動作やエラーを起こすこともあるわよ

ナラ

不要なプラグインはなるべく導入すべきではありません。

また、空白(スペース)を段落<p>タグで囲んで改行が自動で消えないようにする方法はSEOの最適化という観点からオススメしません

読者にとっては必要なでも、検索エンジンからは「無意味な空白(スペース)」と認識されてしまうからです。

ワードプレスの改行できない問題はmarginで解決

ワードプレスの改行できない問題はmarginで解決

改行の目的はそもそも「空白の行を作ること」ではなく次の段落との間に余白を作ることです。

であれば、改行にこだわる必要はそもそもありません。

行間の幅を広くするなら余白<margin>を使うのが簡単です。

ココ

marginは段落の上下に余白を入れられるHTML・CSSコードだね

ワードプレスならテキストから簡単にmarginを設定することが出来るわよ

ナラ

ワードプレスのテキストエディタ

普段、「ビジュアル」で記事を書いている人もmarginを設定するときは「テキスト」を使いましょう。

例えばHello Worldと書かれた段落の前後に100pxの余白を作る場合は、

<p style=”margin-top: 100px; margin-bottom: 100px;”>Hello World</p>

このように段落<p>タグの中にmarginを指定するだけで、

Hello World

こんな風に今日の前後に余白を作ることができます。

その他、以下の方法で細かな調整も可能です。

  • 行の上側だけにmarginを設定したいときは、<p style=”margin-top: 100px;”>Hello World</p>とする
  • 行の下側だけにmarginを設定したいときは、<p style=”margin-bottom: 100px;”>Hello World</p>とする
  • 行間の幅の広さは10px, 50px, 70pxと数値を変えることで調整する

 

ワードプレスブログの改行できない問題まとめ

ワードプレスブログの改行できない問題まとめ

HTMLの基礎を理解すればワードプレスの改行できない問題は簡単に解決できます。

ブログには読者から見える側面と、検索エンジンから見える側面とがあります。

ココ

ワードプレスブログの改行できない問題も内面にまで配慮した解決方法を選びたいね

SEOの最適化まで意識するなら最低限のHTML・CSS基礎知識は不可欠よ

ナラ

苦労して書いた記事を検索順位に表示させるにはHTMLを正しく使う必要があります。

▼次の関連記事にブロガーが最低限必要なHTML・CSS基礎知識をまとめました

【HTML・CSS】ブログ初心者が最低限知っておくべき5つの基本とは?【HTML・CSS】ブログ初心者が最低限知っておくべき5つの基本とは?

ブログ初心者こそ、早めにこれらの基礎をマスターして、他のブログと差別化しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA